名古屋 リコネクション・リコネクティブヒーリング・パワーストーン・オラクルカード salon celest -サロン・セレスト- 

salon-celest

*** 気づきを行動に移そう ***

 

風水応用編・新しい風を起こすには

 

 

 

執着を手放すと

 

 

さて、前述の「携帯掃除」でお片付けの意義を体感した私。

 

 

(その割には部屋は汚いままなんですが)

 

 

以前私は、とある社会人サークルみたいなものに入ってました。

でも、活動は最初の数か月だけ、あとはずっとお休み。

入ってはみたものの、当初の私の期待や想像とは違ってたんですよね。

 

その団体は、退会にはきちんと手続きが必要でした。

だから私は籍はあるままで、でもずっと幽霊部員。

 

実は、なかなか離籍する勇気がなかったんです。

そこから得るものは何もないのはわかってたんですが、

入っていることへの安心感というか。。。

「何かあったときに助けになるかも」

言い方は悪いのですが、人生の保険みたいな感覚だったんです。

 

でも、自分に合っていない、ということは

この先何があっても結局は何も活用できないのは

心のどこかでちゃんとわかってたんですけど。。。

 

 

 

幽霊部員になってから1~2年経ったあるとき、

 

「私にとって不要なものは片付けていこう。

 不安とか保険とか、「何かあったとき」なんて思ってても

 結局それは何も役には立たない。

 しがみついているだけだ

 

そう思って、ついにそのサークルを退会しました。

 

 

 

リダイヤルしてみるものですね

 

 

話は変わって、このサークルに入った当初、

一人の男性と個人的に交流が深まりました。

結局お付き合いするまではいかなかったけど、

お互い人として好きで、興味深く、楽しく食事したり、会話したり。

でも、彼ともいつしか疎遠になりました。

 

幽霊部員の間、私は他の誰とも交流をしてなかったので、

彼がまだそのサークルに在籍しているのか、

どこで何をしているのかもしりませんでした。

 

ですからときおり、あぁ、彼は元気かな。

まだ続けてるのかな。もう会うこともないなぁーーー

なんて、ちらりと思うことも時々ありました。

 

 

そしてサークルを退会した後、1、2週間経った頃です。

私の携帯に着信が入りました。

 

知らない番号です。メモリには入っていません。

でも、長く着信していたので、ワン切りではなさそう。

他の電話に出ていて取る前に切れてしまったのですが、

なんとなく気になって、会社の電話からリダイヤルしてみました。

(自分の携帯からかけるのはちょっと怖かったんで

 

すると、出た相手は男性。

しかし私の携帯にかけたという心当たりはないとのこと。

でも着信履歴からかけたんだから番号は間違ってないハズ。。。

そう思いながらも、その男性の話し方は大変礼儀正しく、きちんとしたカンジで、

そして本当に身に覚えがない様子だったので、

何かの間違いだったのかな、と思ってお互い感じ良く電話を切りました。

 

 

そんなことをすっかり忘れたその日の夜。

メールが入りました。

メルアドはメモリに入っていない人だったのですが、

アドレスを見てわかりました。

サークルで唯一、連絡を取っていたあの彼だったのです。

 

 

メールには、昼間の電話は実は自分だったとのこと。

自分も、アドレス帳に入っている私のアドレスの一つ上の人(男性)に

かけたつもりだったので、女性からリダイヤルがかかってきて心当たりがなかった。

でもなんとなく気になって今、自分の発信履歴を見てみたら

間違えて私にかけていたんだと、今気づいたとのこと。

 

 

私、彼とはもう連絡を取らないであろうと

アドレスを消していたんですよね。。。  (ほら、携帯の掃除好きですから ^^;

だから着信があったときに、彼だと気付かなかったわけです。

 

久し振りに、お互いの近況をメールでやりとりしました。

彼は今は東京に転勤になっていて、よく海外出張をしているとか。

お互いの進む道がもう違っていたので、お互い頑張ろうね、とメールを終えました。

 

 

 

自分の人生を変えられるのは

 

 

 

うわぁ、象徴的だったなぁ・・・・ そう思いました。

サークルを辞めたら、そのサークルで唯一親しくした人から連絡が入るなんて。

 

 

別にそれを狙ってた訳ではなかったのですが、

 

「何かひとつの物事を終わらせるということは、

 次に新しいものがやってくる」

「もう必要ない昔の自分を、勇気を出して片付けた方がいい」

 

そう思っていた自分の価値観に、カミサマから

「そう、その通り!」 と、メッセージをもらったような気がしました。

 

 

今回私が手を放したのは、「保険」への「執着」

そのサークル自体に本当に未練があったわけではありません。

不安だから。何かあったときに、何かの助けになるかもしれないから。

私の人生には、そういう理由で沢山の「本当は要らないもの」が

あっちこっちにくっついて、雑多になって、余計な労力が使われていたのです。

本当はそんなもの要らないって、自分でもわかっていたのに。

 

 

わかってたらやめればいいじゃん、

でもそれがなかなかできない人って、たくさんいますよね。私のように。

仕事も、人間関係も、考え方も、何もかも。

色んな理由で。

 

 

安心だから。

 

安定しているから。

 

何かあったら困るから。

 

人は、どんなにそれが必要がないって頭でわかっていても、

昔の価値観や世界、やり方、生活パターンに「執着」します。

 

多少不自由でも、知っている世界にいた方がいい、

だって知らない世界、変化の先は、どうなるかわからなくて、怖いから。

 

 

 

でも、心のどこかで「本当はこれはもう私には合わないって、わかってるんだよね・・・」

そう言っている自分がいるのも、やっぱり事実なのです。

 

 

 

安易な転職や縁切りを推奨してるわけではありません。

でももし頭の片隅にあるその「真実の声」が、どんどん大きくなってくるのであれば。

思い切って、片付けてみませんか。色んなものを。

時には勇気が必要なのかもしれません。

その代わり、スペースが空けば、新しい何かが得られます。

新しい風が吹きこんできます。

 

 

これって風水だよね、昔から言われてることじゃん。

 

 

そう思う人もいるでしょう。

 

 

でもそれは、手の届かない幸運や運命の輪から

「偶然吹いてくる運の風を上手に招き入れる方法」ではないのです。

 

 

風を起こすのはあなたです。

だって、場所を作って、迎え入れる準備をするのもあなたなんですから。

 

流れ込む場所を作ってください。

どこに作るか、どのタイミングで作るかはあなたのお好きなままに。

何が来るかはわかりません。これは残念だけど(笑

でも、私たちは、自分の進む道を選ぶのも、運や流れを変えるのも、

全て自分の手で起こすことができるのです。

それを知って下さい。 

携帯アドレスを消して、その効果が実感できませんでしたか?(^^

 

 

 

 

HOME←              前へ << このページTOPへ戻る >> 次へ           コラムTOP

 

 

無断転用を禁じます             絵文字アイコン TypePad by Creative Commonsfooter