名古屋 リコネクション・リコネクティブヒーリング・パワーストーン・オラクルカード salon celest -サロン・セレスト- 

salon-celest

*** スピリチュアル用語辞典 ***

 

「手放す」から「天に預ける」

 

 

その2 「後はヨロシク~」

 

 

さて二つ目。

これがなかなか面白くて意外な方法です。

 

 

「手放す」と同意義語に、

ドリーンのカードにはこんな一節もあります。

 

 

 

「心配事や不安は全部手放して、

 天に預けてしまいましょう **(°▽°**」

 

 

 

 

どないやねん (--;

 

 

 

ツッコミどころ満載・・・・(笑

全っ然、意味わかんないんですけど(^^;

 

 

カード引いたらこんなこと言われて、

天に預けるって、具体的に

何をどうすればいいのか教えてくれませんか。

 

 

 

ドリーンのカードや著書にはこの他にも、

 

「天使に助けを求めてください、

 彼らはあなたを助けたくって仕方がないのです 

 

みたいなこともよく書いてあるわけですよ。

 

 

 

今でこそ、この文章の意味も意図も理解できるようになりましたが、

当時の私はそんな都合の良い存在は無い。

当然思っていた可愛げの無い子だったので、

 

 

 

天使に頼んで解決するなら、誰も悩まないっつの。

 

 

 

と一蹴。

 

 

 

 

でも、人間面白いもんですね。

あまりに何度もそんなことを言われると

 

 

 

そんなに言うならやってやろうじゃないの。(←やけっぱち

 

 

 

と、うっかり思っちゃったんですよね(笑

 

 

 

 

というわけで、やってみました

 

 

当時、私は母との関係で悩んでいました。

本当に仲が悪いわけじゃないです。

特に父を亡くした今では、

何もしてくれなくていい、ただ生きていてくれるだけで。

心からそう思っています。

 

でも、いい年して実家にパラサイト生活していると(つまり私が悪いのだが)

色々と衝突するわけです。

親とは「味噌汁が冷めない距離」がいい。

そう、ちょっとだけ離れたところにいるのが一番いい距離なんですよね。

 

母親からしたら、心配しているわけです。娘を。

だから色んな事を口出ししてくるんですよね。

でも、私からしたら、それは余計なお世話。

私の性格や価値観など、何も知らないくせに、

子供のころから今まで何もしてくれなかったくせに(←という思いがあった)

ましてや、働いたこともないあなたに何がわかるんだ、という気持ちから

何か言われるたびに大ゲンカ。何を言われても神経逆撫で。

 

子供のころから積み重なった、

いろんな事情や許せない感情、絡まってしまったお互いの言い分、

そんなものでがんじがらめになってしまい、私は素直になれません。

なので、腹が立っているときは、母に話しかけられても私は完全無視。

でも、たった一人の親だもの。こんなこと繰り返してて良いはずがない。

だからって歩み寄るのは絶対嫌(←完全に意固地^^;

もーーーにっちもさっちも行かなくなったとき。

 

 

じゃぁこれを、なんとかしてよ天使。

助けてと言ったら助けてくれるんでしょう?

 

 

と、ヤケクソでココロの中で言ってみました。

 

 

その後、2か月もしないうちに、

リコネクションのおかげで 会社をクビに

 

 

頭はグルグル この先どうしたらいいんだろうか、と。

でもその時私は思ったのです。

 

 

いつまでも嫁に行かないこんな状態で

会社までクビになったと知ったら

母はどんなに心配するだろう。

 

 

このとき初めて私は、

「こんなニュースを聞かなければいけないママが可哀想だ」

と思って、泣いたのでした。

 

 

あれまぁ(・・;

 

まさかこんな感情が私の中から出てくるとは。

自分でもびっくりでしたよ(笑

 

 

でもそれ以来、なんとなく母に優しく接することができるようになりました。

それで、ふと思いだしたんです。

 

 

 

そういえば私、

「なんとかしてよ天使」って、言ったような・・・・・・・・

 

 

 

そう。

恐ろしいことに、

本当になんとかなってしまったのです。

 

私は何もしていないのに。

 

 

 

手放して、天に預ける

 

 

つまりです。

 

自分ではもう、どうしようもできなくなっちゃった問題。

 

悔しくて腹が立って、思い出したくないのに思い出してしまって

どうしても許せないあの人を、あの経験を。

どんなに頑張っても、努力しても、改善できないことを。

悔やんでも悔やんでも、諦めきれないあの過去を。

不安で心配で、どうしていいのかわからず座り込んでしまっている状況を。

 

 

こんなに頑張ったのに、もう、これ以上どうすればいいの?(/_;

 

 

そんなものがあったのならば。

 

 

天に丸投げしてしまいましょう。

 

 

あ。 言葉が悪いですね。

天にお願いするのです。

(天・カミサマ・天使・宇宙、あなたがしっくりくるものであれば、なんでもいいです。)

あなた一人が抱え込んでいないで。

 

 

「解決したくて頑張ったけど、

 もうどーやっても、無理 

 お願いカミサマ、何とかしてください

 

 

あなたが一人で悶々と抱えていた問題を、

風船を空に放つように、天に託すのです。

これが

「(助けてくれると)天を信頼して、(問題から)手を放し、(解決方法を)お任せする

ということです。

 

 

そうすると、なぜか解決するようなことが現実に起こるのです。

その解決方法は、本当に予想もしない方法で。

なんとかしてくれるんですよね。

なんかワカランけど上の方~~~で(笑

そう、私たちは一人で堂々廻りして考えているから、

自分が思いつく以外の方法があるなんて、気付かなかったんです。

 

 

 

だから、不安や心配、怒り、後悔、

それがいつまでも心に残って苦しんでいるのであれば、

最初は「いやいや、天使ってアナタ(失笑)」と思っていてもいいので、

騙されたと思ってやってみてください。

私はその後、色んな事を何度かココロの中でお願いしたら、

本当に解決してしまっています。

 

 

あなたが

何とかしたいとぎゅうぎゅうに握りしめているその問題から

手を放せば、問題は解決するのです。

 

 

 

 

 

 

 

HOME←              前へ << このページTOPへ戻る >> 次へ           コラムTOP

 

 

無断転用を禁じます             絵文字アイコン TypePad by Creative Commonsfooter