愛知県名古屋市 スピリチュアルサロン リコネクション・ヒプノセラピー・催眠療法・パワーストーン・オラクルカード salon-celest(サロン・セレスト)

ヒプノセラピー 前世療法 催眠療法 名古屋 インナーチャイルド

ヒプノセラピー セッション

 

 

 

ヒプノセラピー(催眠療法)

2時間~3時間  18,000円

※セッション内容によってお時間が変動します

 

※ 内容により、セッション時間が延長する場合がありますので
  当日のご予定には余裕をもってお越しください。

  お時間に余裕が無い方はセッション前に必ずお伝え下さい。

※ セッション中の時間を有効に使うために、セッションお申し込みの際は
  このHP上の催眠についての説明をきちんとお読みになってお申込み下さい。

※ ご相談内容よっては、ヒプノセラピーではなく別の心理療法
  (ブリーフセラピーと呼ばれる短期解決治療)をお勧めする場合もあります。

 

 

セッションに関するご注意

 

 

具体的な目的(ゴール)を1つに絞って下さい

 

催眠セッションをお受けになる際には必ず、何を改善したいのか、
具体的な目的(ゴール)を1つ決めてお越しください。

 

 

こんなゴールは不向きです

 

○「毎日平穏に(心静かに、怒りや不安などに振り回されず)過ごしたい」

 

 →抽象的で、大きすぎ(全体的すぎ)ます

  心静かに過ごせない理由は人それぞれです。

  (嫌いな人、苦手な状況、不安を感じる対象、など)

  具体的な一つの事象に絞って下さい。

  例:特定のタイプの人が苦手、人からの評判が気になる、など

 

○「幸せな人生(結婚、恋愛、人間関係)を手に入れたい」

 

 →抽象的で、大雑把すぎます。

  今現在、人生で何がうまくいっていないと思うのか、

  自分のどんなところを変えていけば人生が改善されると思うのか、

  具体的な問題や現象をご自分で1つ選んでください。

  例:正直な自分を出したい、臆さず人と話せるようになりたい、など

 

○「AとBのどちらか、選択ができない」「○○について決断できない」ので、
 「自分の潜在意識に聞いて、答えを出したい」

 

 →潜在意識は別人格ではありません。
  決断できない理由に、トラウマや性格、価値観が関係しているのであれば、
  それに対して掘り下げて価値観を変化させていくことは可能です。
  決断できない原因と考えられる要因が複数あるならば、
  一つ一つに対して掘り下げる必要があります。
  自分の内面が変化した結果、答えにつながる、と理解してください。

 

○「家族(または自分以外の誰か)を幸せにしたい」、

 「パートナーを得たい」「○○で良い成績を出したい、優勝したい」

 

 → 催眠は「自分のこと」は扱えますが、自分以外のことは扱えません。

  こういった場合は、「その為に自分の【何を】【どうすれば】結果に

  つながることができると思うか」を自分で選んでください。

  例:相手と円滑なコミュニケーションを取れるように素直な自分になる、

    努力を続けるモチベーションを高める、

    他者に対する自分の反応(感情や考え方、相手をどう理解するか)

    を変化させる、など

 

○一回のセッションで性格を一気に変えたい

 

 →無理です。以下を参照ください。

  

 

催眠は、体験を通して腑に落ちる、理解する、消化する、
納得して手放すことで内面が変化していく、
この過程を効果的に加速させるものです

 

私達の人生観や価値観、性格が変わるときはどんなときでしょうか。

 

ある体験をしたことで、今までの自分の思い込みが変化した

誰かの言葉がストンと心に入った、それが転機になった

特定の誰かとの出会いや、本や映画が心に響いた

 

私達の内面は、日々の自分の体験が積み重なって形成されます。

催眠中の体験(気づいたこと、湧き上がった感情、理解した、など)が

大きく、効果的に自分の中に落とし込まれることで

すっきり解決して手放すことができたり、

変化を受け入れたり、次のステージに進むことができます。

 

クライアント様の状態によって、

今までの積み重ね(下地)があり、あと一歩、のところで催眠が

突破口になって大きな変化が出る場合もあり、

様々な要因が重なり合っていた為、一つずつ解決した先に変化が芽生える場合もあり、

根が深いと思っていたことがあっさりとひっくり返る場合もあります。

少しずつ刷り込みを入れていった結果、ゆるやかに動き出す場合もあります。

 

そして、意識下では様々な事象がつながっています。

別の案件だと思っていたことが結果として他の症状にも

好影響を与えることは多々あります。

催眠は必ずクライアントの内面に効果(影響)を出します。

ただし、たった一回のセッションで、別人のように

人格を変えられるものではありません。

何度か繰り返し、体験を積み重ねることで大きな変化にたどり着きます。

 

 

→ 人生全般、自分の全体像に対する変化や進化をご希望の方は

リコネクション のセッションをお勧めします

スピリチュアル・セッションなので、ご興味がある方はどうぞ

 

 

 

セッションではどのようなことを行いますか?

 

 

◇年齢退行・胎内退行

 

改善したい症状がいつ、どのような形で自分の中に発生したのか
年齢をさかのぼってみていきます。

仮に、一番大きな影響として残っている出来事が大人になってからのものでも
その体験を起点として過去にさかのぼると、幼い頃に同じ感情や
価値観の根が発生しているので、その出来事に対して働きかけていきます。

 

幼児退行催眠 胎内記憶 胎内療法

大抵は未就学の6歳以下までさかのぼりますが、
場合によっては お母さんの胎内で体験した
記憶がよみがえる場合もあります。

(胎内記憶は確実性を伴った沢山の体験談とともに
 実証されています)

 

幼い頃の自分の体験を、分別のある大人になった自分が
もう一度検証した時、その体験から得る
新しい学びがあなたの心と意識、想いを変えていくでしょう。

 

(一般的に「インナーチャイルドを癒す」と呼ばれる手法はこれに当たります)

 

 

◇前世療法(過去生療法)

 

年齢をさかのぼっていくと、前世の体験までたどり着く場合もあります。

 

前世療法 催眠 インナーチャイルド

私達の魂は何度も生まれ変わっている言われます。

今の人生に大きな影響を及ぼしている過去生の体験や
記憶を紐解きます。

 

前世療法は、心の中の根深い癖や不快な症状が
すっきりと解消されることが多く、
大変高い効果が期待できます。

 

また、問題の渦中にいる自分が一歩引いて
一生分の広いスパン(視野)で物事を見ることで、
問題の解決や新しい価値観を得ることもできます。

過去から引き継ぐ自分の魂のテーマを知り、人生に深い理解と
大きな癒しを得ることができるなど、その効果は多岐に渡ります。

 

 

◇目標達成のイメージ・トレーニング(未来療法)

 

未来療法 ゴールイメージ 引き寄せ

自分の将来(ゴールイメージ)を具体的に視覚化することで、
ゴールに向かう途中の障害や不安、恐れ、躊躇を中和します。

 

自分が望んでいる未来にも関わらず、どうしても無理だと
思ってしまう方に、その思い込みを手放すのに大変有効です。

 

また、結果を手に入れるために必要な努力への
モチベーションを高める暗示療法も入れ込み、
意識と行動の双方から、ゴールに向かう道のりを強化します。

 

 

 

 

◇エンプティ・チェア

 

ドイツの精神科医であったフレデリック・パールズによって創始された

ゲシュタルト療法の中に「エンプティ・チェア」(空の椅子)という技法があります。

巷で多くのカウンセリングやメンタル・ワークで活用されていますが

この技法を催眠下で行います。

 

目の前に空の椅子を置いて、そこに感情的・立場的に対立した相手

(同僚・上司・家族・友人・パートナーなど)が座っていると仮定します。

その相手と対話を行うことで、様々な洞察を得ることができ、

またこの技法は多種多様なケースに応用が可能です。

 

  • 現在&過去における自分と他者とのこじれた関係や
    わだかまりが残った体験や思い出に突破口を得る
  • 自分の中にある葛藤(すべき・したくない、したい・できない)の統合
  • 亡くなった方や、別れた相手に残した想いの消化
    (伝えられなかった想い、相手の気持ちを知りたい、など)

 

エンプティチェア 催眠療法 ゲシュタルト療法 名古屋

 

あなたがその空の椅子に座って欲しいのは誰でしょうか。

そして、あなたは相手に何を伝え、何を聞きたいのでしょうか。

 

もしかしたら、あなたが思ってもみなかった言葉が、
あなたの口をついて出るかもしれません。

これは相手との対話だけでなく、
自分自身の深層心理との対話にも

役立つ大変強力なワークです。

 

 

 

◇ガイドやハイヤーセルフとの対話

 

催眠中にご自分のハイヤーセルフやガイド、またはメッセージを貰いたい相手
(スピリチュアル的な存在、亡くなった親族など)と対話をすることも可能です。

セッション前にご希望をお伝えください。

 

 

 

よくあるご質問

 

 

◇セッションはどの手法を選べばよいですか?

 

同じ症状を訴える方でも、その症状の原因は異なります。

セッションの最初に、何を改善したいか、どんなゴールへたどり着きたいかを
お伺いしながら方向性を決めていきます。

セッション中も、展開に合わせて適切な手法を臨機応変に取り入れて対応します。

 

 

◇セッション中に見た(思い浮かべた)胎内記憶や

  前世の体験は本当にあったことでしょうか

 

前世は本当にあるのでしょうか。

最近では、前世で体験したとしか説明できないような、
つじつまの合う確証性のある体験談も数多く報告されています。

また、実際にセッションを受けた方の見た内容を実際の歴史に照らし合わせてみると
驚くほど一致することもあります。

しかし、前世の存在を完全に検証をすることは残念ながら不可能です。

 

仮に「前世が存在しない」とするならば、私達が前世の体験を思い出したり、
それによって抱えていた症状が改善するのは何故でしょうか。

 

過去生 前世療法 名古屋

潜在意識は、問題を解決するために
一番適切なストーリーを示してくれます。

もしかしたら、潜在意識は記憶の中に散在する
沢山の出来事や想いを基盤にして、
この状況をひも解くために一番効果的な
「暗喩した(比喩的な)物語」を
創り出しているのかもしれません。

 

人の想いや記憶は沢山の積み重ねで強化されたり、
経年とともに変化していくものです。

性格も価値観も、たった一つの体験で決まるのではなく、
数えきれない体験と心象の総合の産物です。

セッション中にあなたが思い出しているのは前世の記憶かもしれませんし、
今世の古い記憶を全てを紡いで、1つの象徴的なストーリーに編成されたものかもしれません。

 

前世療法を受けた人の70%以上は、セッション中に見たものが「本当に」
実際にあった自分の前世か確証がとれますか、と聞かれても「わからない」と答えます。

でも、間違いなく「自分の奥深くに眠る、大切な何か」であり、
セッション後もずっと胸の内に暖かく残る、宝物のようなストーリーなのです。

 

インナーチャイルドを癒す トラウマを解消する 名古屋

前世療法は「本当にあった出来事か」を証明することが
目的ではありません。

(イメージ療法のひとつと考えた方が良いかもしれません)

ですが、前世療法は改善し難かった根深い、
こじれた症状に大変高い効果をもたらします。

前世療法はこの結果を得るために行います。

「今ここ」のあなたが抱える悩みを解消し、
幸せな今と未来を得るために行うのです。

 

 

◇自分の望まない催眠暗示をかけられる危険性はありますか

 

「全ての催眠は自己催眠である」 これが催眠の大前提です。

 

催眠は、セラピストがクライアントに強制的にかけていくものではありません。

全てにおいてクライアントの同意があって初めて成り立つので、
常に「セラピストとクライアントの共同作業」の下、セッションが進んで行きます。

クライアントの意に背くセラピストの行為は寧ろ、催眠から覚める結果をもたらします。

 

なお、他人を意のままに操つることは洗脳といいます。

一個人を洗脳するには、その人を心身ともに過酷な環境におき、
残虐な行為や生死に関わる恐怖や痛みを長期間、与え続ける必要があります。

 

 

◇自分にとってあまりに辛い体験を思い出してしまったらどうしようと心配です

 

潜在意識は常にあなたにとって一番適切で必要な行動をとります。

ですから、あなたが望まないことは潜在意識があなたをガードするので出て来ません。

自分が受け入れる時期に来た時にはじめて、潜在意識が表面化させてきます。

または、前述のように「暗喩したストーリー」として、自分にとって
受け入れられる範囲に抽象化した内容で見せてくれるかもしれません。

いずれにしても、起こることは必然であり、一番適切な形でもたらされるので
結果に心配は無用です。

 

 

◇未来療法で見た未来の図は必ず起こることでしょうか

 

あなたの未来は、取り組むあなたの姿勢と選択でどのようにでも変わります。

 

 

 

潜在意識 よもやま話

 

催眠療法のしくみ

 

インナーチャイルド 癒す 名古屋

オーストリアの精神分析学者であるジークムント・フロイトは

「反復強迫」という症状を説明しています。

 

これは

「クライアントにとって苦痛な体験や状況にも関わらず
何度も繰り返してしまう盲目的な衝動」
というものです。

 

○いつも同じ行為(結果)を繰り返してしまう

 (例:恋愛や人間関係で同じパターンを繰り返して失敗する)

○いつも私には無理だ、と思ってしまう

○嫌な体験や記憶を繰り返し思い出して、手放せない

○過去に失敗した体験を再現したり、恐れている未来を
 実現させてしまうかもしれないと繰り返し悩む

 

こういった症状はすべて「反復強迫」であると言えます。

私達は、過去に起こった未解決の出来事が解決できるまで
その状態を自分で引き起こしてしまいます。

その出来事が強烈であればあるほどその想いは強くなり、解決できず同じことを
繰り返せば繰り返すほど、こじれて手放せなくなるという悪循環に陥ります。

 

潜在意識 メンタルブロック解除 トラウマ解消

フロイトは、この反復強迫の原因となった
潜在意識の奥底へ沈んだ古い幼い体験や、
クライアントに強烈な影響を及ぼしたトラウマ(心的外傷)を、
潜在意識の領域から顕在意識の領域へ表面化させ、
抑圧された感情を開放しながら、
新しく得た学びを統合することで
非常に高い治療効果があることを発見しました。

 

催眠療法はまさにこのプロセスを、クライアントにとって
安全で効果の高い催眠下で行っているのです。

 

 

 

意識の力と秘められた可能性

 

20世紀最高の天才的催眠療法家と呼ばれるアメリカのミルトン・エリクソン。

彼の催眠を用いた治療はあまりに斬新で、且つ劇的な効果をもたらし、
その名人芸は「奇跡の催眠療法家」「魔術師」とまで評されています。

 

当時のアメリカでは、「エリクソンのところに行って治らなければ、
どこへ行っても治らない」 と言われたほどの偉大な心理療法家でしたが、
彼の生涯は数奇なものでした。

ポリオによる小児麻痺を発症し、17歳で目を除く全身が麻痺してしまったのです。

 

潜在意識 引き寄せ 願いを叶える

しかしある日。家族が庭でパーティーをしている
光景を眺めながら、彼は自分の体が動いた頃のこと、

自分の手でリンゴを取った時の感覚を思い出しながら、
自分の腕の筋肉をどう動かしていたかを反芻していると、
動かなかったはずの手が少しずつ動くようになりました。

 

そして、赤ん坊だった妹が立ち上がろうとする姿を
観察しながら、思うとおりに動かない筋肉や
関節の動かし方をもう一度学び直したのです。

小児麻痺で寝たきりだった自分の体をステッキ一本で支えられるところまで
回復させたのは、他でもなく彼の「意識の力」に寄るものでした。

 

 

また、心理学界の二大巨頭としてフロイトと肩を並べる
スイスの心理学者カール・グスタフ・ユング。

ユングはシンクロニシティ(共時性・意味のある偶然の一致)や
「集合的無意識」という説を提唱しました。

 

催眠療法 前世療法 名古屋

ユングは、私達個人の潜在意識の一番奥深い場所には、
個人を超え、そしてどの民族も宗教も国をも超えて
人類全てにつながる集合的無意識(普遍的無意識)が

あると主張をしていました。

 

この集合的無意識については、後に発祥する
トランスパーソナル心理学というジャンルで
「宇宙の記憶庫」と呼ばれることもあります。

私達の意識は、個を越え種族を超え、この世の全てに
つながっているからこそ、偶然の一致や引き寄せが
可能になるのかもしれません。

 

 

ヒプノセラピー 退行催眠 名古屋

私達人間の意識や潜在能力の可能性は未知数です。

脳の働きやしくみの解明もまだまだ完全ではありません。

そして、意識やイメージを意図的に使うことで、
科学では説明できないような不思議な現象が
発生したという報告は後を絶ちません。

 

私達の「意識」は、一体どんな可能性を秘め、
そして私達の未来に一体、
どんな素晴らしい結果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

 

催眠療法はメンタルヘルスに様々な功績をもたらしています

 

アメリカのミルトン・エリクソン財団
メリーランド支部長 ヒレル・ザイトリン博士と。

 

ザイトリン博士は臨床現場における催眠の専門家であり、
多数のメディカルセンターや病院、大学研究施設、
薬物乱用者施設の立ち上げやディレクターを務めています。

重度の精神疾患の治療に素晴らしい功績をお持ちです。

 

 

 

 

故ミルトン・エリクソン博士の現存する
四大弟子の一人、スティーブン・ギリガン博士(右)
スタンフォード大学で心理学博士号を取得し、
エリクソン催眠の心理療法家として
実力・人気共に世界最高峰の博士です。

催眠療法における新しい分野を研究されています。

 

アラスター・プレンティス氏(左)
お茶の水女子大学臨床心理学研究生にNLPや
催眠精神療法を指導。卓越したNLPトレーナーです。

 

 

 

HOME > ヒプノセラピーとは > 催眠状態とは >このページTOPに戻る
スピリチュアル 名古屋 サロンセレスト