今更ながら、ドリーン・バーチューショックについて

オラクルカード学ぶ講座名古屋

オラクルカードをここまで世間に知らしめた立役者
と言えるであろうアメリカのドリーン・バーチュー氏。
その時代、時代に流行りのスピリチュアルリーダーは存在するのですが、
2010年前後のスピリチュアルブームでは、ドリーンは突出した第一人者として大人気でした。
ドリーンは様々な著書でこう説明していました。

「天使は宗教問わず、助けを求めた人を助けてくれる」
「だから何か困ったら、天使を呼んで助けを求めて下さい!」

ドリーンの勢いはすさまじく、当時はドリーン以外の
オラクルカードがあまり日本に入ってきてなかったので、
カードといえばドリーンの独占市場。
ドリーンのカードは天使、ユニコーン、ドルフィン&マーメイド、
アセンデットマスター、フェアリー とスピリチュアル好きな皆さんがエモる
ラインナップを繰り広げ、そろそろネタも尽きるのではと思っていたら、
大天使ミカエル、大天使ラファエルと続き。
ほほうそうきたか、てことは次は大天使ガブリエルか?と思いきや(笑)、
今度はロマンスエンジェル(恋愛)、ライフパーパス(人生の目的)、
アバンダンス(豊かさ)と対象を変え。。。

ドリーン、ばく進快進撃はとどまることを知らず =333

当然ながら著書も多数発売され、ドリーンの講座を受講し、
「エンジェルセラピスト」というドリーンの認定資格を得ていた人達も多かった。
ドリーンの提唱する「インディゴチルドレン・レインボーチルドレン」
「ライトワーカー」「アースエンジェル」という言葉は
日本のスピリチュアル界を一大旋風で席巻したものでした。

まぁ、昔から私のブログを読んでくださっていた方はご存じでしょうが、
私はそういうキラキラスピリチュアルは湿疹が出るのでちょっと…(^^;だったし、
正直言ってあの大騒ぎは「一体なんの選民意識・自己顕示欲だろう」とすら思っていた(ブラック)。
私はそもそも「天使って言われてもなぁー」て性格でしたが、
とりあえず彼女の言ってることを試してみたら、確かに言ってることは頷ける、てのは多かった。 
なので、まぁ色々とアレだがいいところだけ取り入れようと思っていました。
実際、オラクルカードはドリーンのしか日本に流通してなかったから、
「天使がクラウンチャクラをクリーニングしてと言ってます!」ていうカードが出たら、
お客様に「えーとね、これは自分の直感をもっと磨いたり、直観に従いましょう、ってことですね」と
日本語に翻訳したりしていた(笑)

そんなわけで、私自身はドリーンの動向に詳しくなかったんですが、
数年前にお客様から「ドリーン、大変なことになってますよ!」と
教えて頂いてネット検索してオドロイタ。

●ドリーンはこれまでも色々な天の存在とチャネリングして
メッセージをもらっていたが、2017年頃?イエス・キリスト体験をした

●それによって、ドリーンはキリスト教に入信した
●改めてキリスト教の聖書を読み、今までの自分は間違っていたと認識した

で、それにより、ドリーンの発言はびっくりするほど180度回転してしまいます

●天使を呼ぶこと、お願いすることはしてはダメ
●エンジェルカードは燃やしなさい
●引き寄せの法則をしてはいけない
●スピリットガイドは信じてはいけない
●イエス・キリスト以外の聖なる存在などいない
●それらを使ったメッセージはすべて、天の存在に見せかけて
人間をダークサイドへ貶める悪魔の所業

悪魔の所業?! 私、思わず大爆笑して叫んでしまった(^^;

大笑いはしたものの、ドリーンを敬愛して、資格を取って、
自分はこの地球に貢献しているんだと心から真摯に日々頑張っていた
ドリーンファンの方はきっとひどくショックを受け、
動揺されただろう、と、そこは本当に心から気の毒に思った(ーー; 
誰だって、自分が心から信じていたものが突然ひっくり返されたら
(しかも本人から)、ショックだよなと。

でも一方で、ドリーンもエライ(?)なと思いました。
契約社会のアメリカに住んでいて、世界中であれだけの著書を発売してるってことは
とんでもないギチギチの契約を結んでいたに違いない。
当然ながら莫大な桁のお金も絡んでいただろう。
なのにそれらをすべてなげうって、自分自身の信条に嘘はつけないと貫いたのだから。
自分自身の真実の道をカミングアウトして生きるっていうのは、
とてもハードな選択ですからね。
周囲との軋轢はさぞかしすさまじかったことだろう、と。

で、私たち一般人にはここで疑問が残る。
ドリーンが燃やせと言った諸所のカード達。
あれ、どうなるの?使っていいの?と。

私はきっぱりこう答えます。「全然使ってオッケー」 かまへんかまへん(エセ関西人)

だって、これって「その人、個人の世界観」であって。
ドリーンから「イエスキリスト以外を信じるな!」と言われても、
「でもそれはあなたの宗教観ですし~」ってなる。
ドリーンに天使もスピリットガイドも多神教も悪だなんていわれても、
「私たち言霊を大事にして、トイレの神様も大事にする
八百万神(やおろずのかみ)の文化に生まれ育ってますしねぇ」
となる。
(八百万神、て言葉、一応ネットで調べてみたら
森羅万象に神の発現を認める古代日本の神観念を表す言葉」だって。
キャーなんか素敵)

ドリーンが「私のカードは、悪魔にそそのかされて作ったカードだ」
とか言うかもしれないけど、キリスト教徒じゃない人から見たら
「そんなこと言われても知らんがな (´・ω・`)となる。
イエスキリスト以外は悪だって言われたら、
じゃぁ日本の天照大御神(あまてらすおおみのかみ)は悪になるのかと。
ならんデショ。天照大御神さまに失礼なこと言うんんじゃねー、てなるでしょ。

え、でもほんとにカード使っても大丈夫?だって作った本人がそう言ってるんだよ?(--;

と一抹の不安を覚える方のために、「かまへんかまへん」
「私自身、今でもたまにつかってるし」の説明、ブログに書こうと思いましたが、
これこそ当サロンのオラクルカードHow to セッションでお伝えしている真髄でした(^^;

セッションを受けて下さった方なら、
なぜドリーンのカードを使い続けても良いのか、おわかりでしょう。
私はこのセッションで10年以上前から
「作者がどんな説明をしようと、あなたのやり方で使用すればよい。
カードに付いてくる作者の使い方説明書だって無視して良い」
とお伝えしています。
その理由を、皆様納得の実例を交えてご説明しています。

これを機会に、他にもカードに対する疑問や不安な点、
ありましたら是非セッションにて解消してください!(^^ カードって楽しいんですよ。

オラクルカードの講座のご案内はこちら
お勧め過去ブログ  カードはツッコミどころ満載1
お勧め過去ブログ  カードはツッコミどころ満載2
お勧め過去ブログ  リコネクションを受けるとカード精度が上がるってホント?
お勧め過去ブログ  ネゴシエイト(うちの犬がいうことには)

関連記事

  1. オラクルカード学ぶ講座名古屋

    新企画 2021年12月 今月のオラクルカード

PAGE TOP