人生を開放するコラム

インナーチャイルドとは

インナーチャイルドとは

インナーチャイルドとは、あなたの心の中に残る、子供の頃のあなたのことをいいます。大人になっても、自分の性格の中には子供の頃のあなたがまだ存在しています。子供のあなたが、大人になった今のあなたの心と考え方、行動を不適切に縛り、結果として生きづらい毎日を送っているのであれば、それを解消して身軽な人生になりましょう。

 インナーチャイルドとは、あなたの心の中に存在する子供の頃のあなたのことをいいます。実年齢が30、40、50才と年を重ねても、自分の中には子供の頃のあなたがまだ存在しています。子供の頃の不安や辛かった体験が消化されずに残っていると、大人になった今の自分に様々な形で生きづらさ、窮屈さという影響を及ぼします。改めて子供の頃の自分と向き合い、当時の感情を十分にケアして開放してあげることで、今の自分がもっと自由に、軽やかに生きていけるようになります。

 親に養育されている年頃の小さな子供は非力です。心も思考判断も成熟しておらず、ダメージを受けやすく、繊細です。大人にとっては些細な事であっても、大きく受け止めてしまいます。(それこそ、レストランでお水をこぼしただけで、この世の終わりのような失敗をしたかのようにショックを受ける子もいます)
 一人で生きていくことができない子供にとって、保護者である親に見捨てられたり無視されることは死活問題です。大げさに感じるかもしれませんが、非力な子供にとって、親から愛されていると感じられることは生きていることへの承認であり、逆に、親に注目されない、親に冷たくあしらわれることは自分の存在そのものへの否定、ひいては生存問題にすらつながります。

 ですから、子供は必死に親からのポジティブな反応(笑顔、喜び、褒め)を得ようとします。親が喜べば子供は安心します。親の期待に応えれば親から愛され、自分を養育してもらえると学ぶのです。
 子供は親が喜んで笑顔で自分をほめてくれる為に一生懸命努力します。親が喜ぶ、つまり「親の言うことに従う」「良い成績・良い学校に行く」「兄弟の面倒を見る」「わがままを言わない」等、親が自分に求めることを成し遂げないと、親に愛してもらえず、庇護されず、自分の存在を否定されると思い込みます。
 親を喜ばそうとしてうまくいかない時には、ネガティブなアクション(体調不良や問題行動)を起こして、なんとか親の気を引こうとする子供もいます。子供にはネガティブな行為が結果として何を招くかまでは思い至りません。目先だけでも何でもよいから、親に自分を見て欲しい。自分を構ってほしい。子供は親からの優しい言動を得たいがために行動しているのです。つまり、それだけ必死であり、自分の世界はそれだけで成り立っているということです。

 こうした、幼い子供の「自分が生きていくために積み重ねた必死の努力」はいつしか、その子の人格そのものとなり、大人になってもその人の生き方・考え方そのものになっていきます。自立して、もう一人で生きていける年になったとしても、親の愛を得るために得たスキルをそのまま社会や今の人間関係にスライドして適用させます。親の前でわがままを言わず我慢することを学んだ子は、社会に出てからも、友人やパートナー、職場の中において適切な状況判断をせずにただやみくもに「我慢をすべき」を貫いてしまいがちです。
 そして、親の価値観をそのまま自分の価値観とします。性格や行動、学校や就職、ひいては結婚、人生すべてに至るまで、親が良しとすることが自分の世界の中心となるので、親の価値に沿えない選択や、親が望むことを達成できなかった自分には価値がないと思い込むこともあります。

 このように、子供の頃に学んだ「生きていく術」「絶対的な価値観」は、当然ながら大人になって自分なりの自我を得た今の自分に適合しなかったり、不自由に感じるようになります。親に認めてもらうことだけが人生の全てだった子供の自分が、社会に出た後も、過剰に相手が求める人間になろうとしたり、親の意見に異を唱えることができなかった子が、社会に出ても自分の意見を口にすることを憚ったりします。
 これらの子供の頃の癖が、果たして今の自分にも適切なものかを再検証し、この癖を変えていくことで本当の「自分の人生」を得ていくことができます。
 インナーチャイルドは本来、あなたが嫌な思いをしたり、生存の危機に脅かされる状態からあなたを守り、助けるために存在していました。ですが、大人になったあなたには別の形で自分を守り、子供の頃にはできなかった沢山のことを易々と乗り越えることができます。まずは、必死に頑張った子供の頃の自分を抱きしめてあげてください。そして、もう不要となった鎧を脱ぎ捨て、身軽になって新しい世界へ飛び出しましょう。そこにはあなたが本当に望んでいた「自分の人生」が待っています。

 インナーチャイルドに関する情報や知識、対処方法は沢山の心理セラピーとして存在します。当サロンでも、催眠(ヒプノセラピー)リコネクティブ・ヒーリング、リコネクション等でインナーチャイルドへのアプローチが可能です。ここでは、インナーチャイルドに関する過去ブログをまとめましたのでご参照ください。

PAGE TOP